2011年04月06日

きせる

imo.jpgimo2.jpg

今日は工房にお客様が来ました。
で、その人に鍼と灸をしてもらいました!
面白かった!楽しかった!
鍼って全然痛くないのね。
あと灸もあまり熱くなかった。
一番熱いのをやってもらったけどチリチリするくらいで。
もっと強くてもよかったかな・・・。
「熱いのとか痛いの平気なんです」
って言いたかったけど
胸を張って言うと変態っぽいです。


さてさて、久しぶりの新作です。(イモの)
今回は煙管(きせる)です。

来週から代官山アートラッシュで開催される煙管展に参加するので
GimmelGardenでは煙管作りに取り組んでいました。
素材は全て銀です。
銀は熱伝導がいいので、本体を通る際に煙が冷やされて美味しいらしいですよ。

これは今回作った中で一番シンプルなものです。
煙管というと、雁首から火皿のなだらかなカーブが特徴ですが
これは円錐状の火皿から管が直線に伸びています。
火皿の大きさはほんの一服用に小さめです。
普段使い用ですね。
スマートに一服したいときに。

蝶のワンポイントが入っていますが
他にも蝶がとまっているバージョンも現在製作中。
また写真を載せられるよう頑張りますです。はい。

ちなみに、今回作った煙管は全て飾り煙管なので、
よく時代劇とかで見る、「カーン」ってやつはできません。
雁首を皿の縁に打ち付けるあれです。
灰を落とす時は、灰皿の前に人差し指を置いて
そこでやさしくとんとんしてあげてください。


最近は日没とともに仕事からあがる事が多いです。
節電のため私の作業机の手元ライトしか付けてません。
兄は窓からの光のみで。
なので夜が長い。
家の電気全部消して飲みに出かけようかと、日々思ってます。
今日は風邪っぽかったので断念。

そういえば、地震で庭の石灯籠が4つ倒れてしまいました。
そのうちの一つはどう頑張っても無理なくらい重いです。
他の3つは・・・なんだか記憶が曖昧で・・・
元通りに直せるかな?
組み上げる順番とか間違えそうです。
それはそれでいいかもしれないけれど。(違和感が無ければ)

どうも、イモでした。
posted by らっこ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44164228

この記事へのトラックバック