2012年02月06日

イベント終了しました。

鎌倉芸術館で開催しておりました、
Silver 遊びの世界展
無事終了しました。

きてくださった方々、ありがとうありがとう。

さてさて、
新聞等には、載ったのかな?
ちょっと見れなかったんですよねー!


えええと、
今回のイベントの個人的な感想なのですが、
あくまでもほんとに自分視点の自分の好みの話なのですが、

思っていた以上に
銀粘土使いのレベルが上がっていたのにびっくりでした。
正直言いまして、銀粘土って、
ちゃんとした作品を作るものでは無いかなぁ。
とか思っていたのですよ。
が、今回の作品たちは、
素材がすごく生かされて、良いものが出来上がってました。
ワックスでも板でも表現できない(いや、技術がすごい人ならできるけど)
新しい表現方法が確立されたなぁ。

あとはー、、

新しく見る人で、
ちょっと期待していた若手の人たちが、
あんまり尖がっていなくて残念でした。
なんか、基本に忠実というか、
昔からの流れでそのまんま、って感じ。
物はしっかり作ってあったんですが、
面白くなかった。

主催者さんは、
歴史を知らずして新しいものは生まれない!
と仰っていますが、
僕は方向は似ているのですが、ちょっと意見が違います。
ジュエリーの歴史は、どんな作品があって、どんな流行があって、
くらい、ざっと知っておいたほうがいいと思いますが、
新たに物を作っていく人達は、そんなに歴史に詳しい必要はないと思う。
それより他のジャンルのものを、
もっとたくさんのことを見たほうが良いと思う。
建築とか、音楽とか、生活雑貨とか。
それと、美人さんとか、かっこいい人とか魅力のある人。
「この人をもっとかっこよくさせたい。」
と思ったときに、現代人をよりよく見せるんだから、
新しい物ができるのは当然じゃないですか。

アールヌーヴォーとか、そういった時代の発端も、
初めに美人さんが居て、素敵な描き方をした人が出てきて、
それに合うジュエリーができて、、、、
のようになったんだろうし。

なんかちょっと今まで歴史を
ただただそのまま流しただけな感じでした。



と、あんまり書くと良くなさそうだからこの辺で。
けんかうってないです、すみません。
posted by らっこ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53475769

この記事へのトラックバック