2010年08月18日

梅!

_DSC00761.jpg_DSC00760.jpg_DSC00759.jpg

隙間無く彫ったほうがウケがよかったのですが、
練習したいのは、彫りの強弱、タガネの角度とか、
正確な形を出すというものなので、

片面は、練習。
片面は、彫りまくり。

で。

変形月桂樹と、彫りまくり。

と、

梅。と、枝。枝はオリジナルで。
裏面は、、まだ彫ってないです。

今週の、金曜日から日曜日に、
匠区店頭でやるイベントに持って行くます。
みんなあそびきてー!!きてー!!
posted by らっこ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年08月17日

目が!

_DSC00758.jpg_DSC00753.jpg
今日は洋彫り!

今オーダー受けているのは、

カタナ!


 妖精さんが持つやつ。

もちろん鍔には彫りいれてますぜ!
大体、2x3mmくらい。

久しぶりに洋彫りやってわかったのですが、
視力が弱ってきているっぽい。
細かいところがぼやけてきた。

ちょっとパソコンとかの使用量減らすか…。。
posted by らっこ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年08月10日

できたのでー。

wabori4.jpgwabori3.jpg

和彫り作品、2つですができました。
自分的には思っていたより良く彫れていると思うので、
材料費+消耗品費+お店の仲介料くらいな価格で、
匠区に置かせてもらえれば置いてしまおうかと。
早めに出して、また銀買って練習したいので!

興味のある方は是非!
和彫りギメル作品を!
手に入れていただければと!


さて、明日は第2回夏季講習ですよ!
がんばってまじめに働こ〜!!
posted by らっこ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年08月09日

修行する人

wabori1.jpgwabori2.jpg

今月は、仕事で外出することが多め。
だから、作業時間がすげー中途半端。

なので!
こういうときは修行ですよ!

ということで、
せっかく和彫りのアシスタントをしているので、
和彫りの練習!

7,8年前は和彫り使いだったんだぜ!
で、最近ちょくちょく練習しているんだぜ!
練習では銅版に彫っているのですが、
練習用だとあまり気合が入らないので、
もう銀板に彫って作品にする!
そうすると、ちゃんと彫ろうと努力する!
そうすると!上達が早い!と思う。

ということで、銀板作って、形整えて、
ペンダントヘッドになるくらいのもの作ってます。

大体、縦が3cmくらいかな?そんくらい。
模様はいつもの西洋風な唐草ですが…。
posted by らっこ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

夏季講習

さて、クラフト学院のインチジォーネ、
夏期講習してきましたぜ!

そしたら、生徒さんが!


 ブログ見てます!
  らっこさんのファンです!(←ここ重要)

……だと…!!


思わず謝りました。ごめんなさいごめんなさい。

いや、だって、
授業はまじめにやらないとまずいじゃん。
もうびっくりするくらいまじめにやってるんだぜ?
ブログ見てる人は、このふざけた人間っぷりを知ってるってのに、
もう性格までまじめ人間装って授業してんだぜ?
あああああああ。。



ということで、

来週は、インチジォーネの追加日程!
がんばろー!!
まじめな性格を維持するの大変だけどがんばろー!!
posted by らっこ at 01:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 彫金

2010年07月20日

石は、、いいなぁ。

kaiya.jpg

前々から石のイベントとか行って、
物欲に負けて買った石が、結構貯まってきてしまいまして、

ようやく使い始めました。


まずはカイヤナイトから!


先日、ジゼルアランって漫画読んだですよ。
それ見ていたら、
シンプルな石だけのペンダントもいいなぁ、
とか思いまして、。
部分的に、ちょろっと彫りいれてますが。


甲丸線のふくりん留めで。
結構ぎりぎりラインで留めたので、
石がぷっくりと残ってて、よい感じです。


うまくしたら、明日、匠区置いとくので!
皆さん見に来てー!!
posted by らっこ at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 彫金

2010年07月17日

極細

P1010075.JPG
ちょうちょピアスの新型。
1mm厚の銀板に対し、
まっすぐに穴をあけて、
まっすぐに糸鋸を落として切れば、
線が切断されてしまうことは無い!

うん、今回はキャスト屋ががんばってくれた。
いつも無理難題ふっかけているのに、
ちゃんと仕事してくれる。


ということで、
たぶん、明日、匠区に置きます。
ためしにチェーンピアスにしてみました。
高さ変えれるから面白そう。
posted by らっこ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月27日

納品とかWebサイトとか

さてさてさてさて、

妖精採集。
アートラッシュで明日から公開です。
ディスプレイがすごくうまく行ったので、
ぜひとも!見に行ってください。
http://www.artsrush.jp/


で、
もう一方は、
町田の匠区!
こちらは今日から!

で、
匠区のブログに勝手に記事を書かせていただきました。
いや、だって、オーナーがブログ書くのを1ヶ月くらいサボっているから。。

まぁそんなこともあり、
匠区のWebサイトの妖精採集ページも
勝手に更新させていただいた!
ええ、勝手に作らせていただいた。
…というか、このサイト自体僕が作ったので、
もともとやりたい放題だったのですが、
確認なしでアップしてやったぜ!

妖精採集の作家を!らっこさんにしておいた!
バレるまでらっこさんで行くぜ!
みんな!オーナーに教えちゃだめだぞ。
http://www.tac-mic.com/
brand list の AccessoryかArtにあるので!見てくだっさい。
posted by らっこ at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月26日

連続攻撃

へい、昨日、日曜日は!相模大野のイベント!でした!

来てくれた人ありがとう!
差し入れくれた人、すげーありがとう!
買い物してくれた人、ものすげーありがとう!

ということで、
イベントは無事終了。

いやー、辺境の地でしたね。
うちらの島だけ、孤立してましたね。
なんだあれはー!!

朝、搬入に行ったら!
GimmelGardenの領地が!

  坂道だった!

いやー、バーカウンターを設置したらさー、
人が斜めに立っている感じでちょっとすごかった。
こんなところに作品おけるかー!!
全部滑って落ちちゃうだろー!!
ということで、場所変えてもらいました。
うん、あれはないよ。おもしろかったけど。

さて、
今日、は、
アートラッシュの空中庭園の搬入に行ってきました。
新ブランドにしようと企んでいる「妖精採集」をもって。
ディスプレイがかっこよくできたので、
よかったら見に行ってくだっさい。
28日水曜日から開催でっす!!

と、匠区にも妖精採集納品してきました。
こちらでもゆっくりとごらんくだっさい。
商品だけ渡してきただけなので、
いつから棚に並ぶか判りませんがー!
posted by らっこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月25日

準備完了!

all_3.jpgall_2.jpgall_1.jpg
間に合った。
ふー、あぶないあぶない。

ということで、
妹ちゃんといろいろな部屋を作ってました。
 妄想しまくりで。
 よだれたらしながら。

実際に部屋を作ってみると、
足りないパーツがいろいろと出てきたので、
また火曜日からがんばる!

いや、その前に、イベントがんばりまっす!
皆さん遊びきてー!!

なんか、、会場が、うちらだけ孤島なので、、。。
 メイン会場は北口。 うちら10組くらいだけ南口…。
 なんですかね。これは。
posted by らっこ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月23日

最後は最も細かく

tea3.jpgtea2.jpgtea1.jpg
妖精採集、今回出す家具で、
最後の作品!

ティーセット!

もうずいぶんと細かいものを作るのに慣れてきましたが、
これはまた別格で難しかった。。

ティーカップの直径、1mm

で!
ポイントは、持ち手の部分。
ちゃんと抜いてあります。
ティーポットの持つ部分はもちろんのこと、
ティーカップの持ち手も、ちゃんと穴開いてます。
8/0の糸鋸が太いと思ったのは初めてだ!

はい、爪の上に作品乗せて写真を撮るのは、
あれのパクリです。
一方的にライバル視してます。
posted by らっこ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月22日

第?回トモヒロ先生の巻

トッ!トッ!トッ!

  ト〜モヒロせんせ〜〜い!!

ということで、
明日から日本宝飾クラフト学院で、
インチジォーネの専門講座がスタートです。
今までの夏期講習やら冬期講習と違って、
隔週で授業します。
毎月2回!
初授業!がんばってきまっす!!

と、、最近いろいろと切羽詰っています。
授業終わったら、次の2日でイベントの準備をせねば!
しかもイベントは連続で2つ!
あああああ。。

今日、キャストが届いたので、今まで光の速さで磨きまくってました。
自分で言うのもなんですが、
妖精採集、めちゃめちゃ出来良いです。
25日相模大野のイベントから出せますのでー!
遊び来てくだっさい。
もしくは、28日から5月10日まで、
代官山アートラッシュで開催される「空中庭園」にも出します。
よかったらー!きてー!くだー!さいー!!
posted by らっこ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月20日

金具…

kanagu1.jpg
さて、お次は!

今回の妖精採集は、ペンダントの金具も自作です。
ギメルでもやりたかったんだけど、
アレはトップの形がそれぞれ違う雰囲気だから、
金具まではなかなか手をつけられないんですよね。。
そのうちやりたいんですが。

まぁ、
はじめからかっちりとブランドを作りたい。
で、はじめたのが妖精採集なので、
ギメルはそのうち、だんだんとシフトしていければいいかなぁ。

と、話がそれましたが、
写真は金具です。
ええと、瓶の首の部分にはめます。

posted by らっこ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月19日

前足とか。

gosu_4.jpggosu_3.jpg
間があきましたが、、

ごつめの椅子の続き。

背もたれ側が四角い棒できているので、
手前も同じ太さの四角い棒。
模様も同じように彫りました。

四角い棒は、まぁ彫りやすい形なので、
できるだけ彫りを多めに入れるようにしました。
内側とかにも。入れといた。
リングの内側に彫るよりは、曲面じゃないだけ簡単かと思いきや、
もう一本の足が邪魔して、彫刻刀が入りづらく、結構苦戦しました。。


ごつい四角い感じの椅子なので、
クッションも長方形で、かっしりした感じに仕上げました。
一番初めに作った椅子は、台形なんですよ。
手前が広いの。


なんか、お堅い食事会とかで、ずらっと並んでいてほしい。
そんな感じの椅子。
自分で椅子引いたりしないやつ。
お手伝いさんが椅子引いてくれるところで使っていてほしい。

キャストが上がってきたら、とりあえず横にずらっと並べます。
posted by らっこ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月15日

ごっつりとした…

gosu_2.jpggosu_1.jpg
ええと、
また家具です。

今度は、また、椅子です。

ちょっとごっつりした感じの。
ごっつりというか、かくかくした感じの。
黒檀とかで作られていそうな。



さて、、

どうしよう。
「妖精採集」って変かなぁ。。?

妖精は別に作っていないのに、
妖精ってつけたのは、
「小さい人」だから。で、
その小さい人の視点で、普通のアンティーク家具になる。
採集は、昆虫採集のような勢いで、
いろいろな部屋を集めてもらえればいいなぁ。と、。
でも小人採集ってのもなぁ。。
で、妖精。

だけどですね、
妖精採集って、呼びづらいですよね。
ギメルガーデンなら、ギメルって略して呼んでもらえたりするんですが、
妖精採集は、、、妖精?
あ〜、どうなんだろう。。
妖精って、ちょっとマニア受けしそうな感じもするし。
一般人って妖精って単語使うと寄り付かないかなぁ、とか。

む〜。
名前って難しいなぁ。。

posted by らっこ at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月12日

ロココソファー

hime3.jpghime2.jpghime1.jpg
いや、良く知らないけど、
ロココ調らしい。この形のソファーって。
資料に書いてあった。

半寝そべり系ソファー。

まぁわかっていると思いますが、
全部自分のほしい家具を作ってます。

これ、ほしいんですよ。
なんかちょっとぐったりできるじゃん。


まず、土台に猫足くっつけて、側面を洋彫り。
先に彫っておかないと、クッションに傷がついてしまうので。

今回は彫り跡のキラリ感は、
キャストをしたときになくなっちゃうので、
いつ彫っても大丈夫なんですよ。
まぁロウが流れちゃったらダメだからそこだけ注意してますが。
posted by らっこ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月11日

本作り

book_6.jpgbook_5.jpgbook_4.jpg
開いた本と、閉じた本。

前回お見せしたのは、閉じた本。
表紙に彫りと刻印を入れて完成。

で、今度は開いた本。
通常、本を真ん中で開いて、
左右対称にすると、作るときに楽なのですが、
左右非対称の開きというのをやってみたく、
中身のパーツを2つにして、読み始めな本にしました。

右の写真は、本の紙束を彫っているところ。
posted by らっこ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月08日

読書

book_3.jpgbook_2.jpgbook_1.jpg
テーブルを作って〜
その上には本でも乗せようと思いまして。

本と言ったら、ハードカバー!

カバー部分は、0.3mm厚。
中の紙(?)は、0.5厚に、細かいスジを彫り入れてます。

椅子の大きさ比較で作ったのですが、
百科事典イメージで作ったので、
ちょっと大き目の本になってます。

最近、小さいのばっかり作っていたので、
だんだん作りなれてきました。

本はあともう1冊くらい作ろうと思ってます。
posted by らっこ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月06日

妖精採集

yousai.jpg
妖精採集にしようと思ってます。
 家具のアクセサリの名前。
瓶の中にヤツが出入りしているような感じで。


たまに説明している事なので、
何度か書いたかもしれませんが!

GimmelGardenの作品で、
作るときに一番気にしていたのは、
「身に着けたときに気分を高揚させる。」
なぜペンダントやらリングやらを身に着けるのか。
ぶっちゃけ邪魔じゃないですか。
けど身に着ける。
なぜか身に着けるかは、いろいろと理由があると思いますが、
総じて言えるのは、気分が変わるから。
身に着けたときに可愛く見える、とか、かっこよく見える、とか、
大切な人からもらったものなら、その人を思い出す、とか。
で、気分を高揚させるにはどうするか〜は、
自分が思うに、
 「すごい作品と思わせる。」と良いと思う。
デザインが自分の好みであったり、
作品に込められた意味がよかったり、
造形物としてよく出来ていたり、と。

昔、師匠に言われた、
「身に着けた人の表情を変えるような作品を作りなさい」
と言うのは、このことかと。

GimmelGardenの作品は、
結構、細かく作りこんでいると思ってます。
が、小さいペンダントやリングなんて、通りすがりの人は気づかない!
が、身に着ける人が、よくよく見て、その作り込みに気づいて
すごいものを着けていると思ってくれれば、
身に着ける人の表情や行動が変わる。
その表情や行動は、通りすがりの人も気づく。
だからしっかりと細かく作りこむ。


…というのがGimmelGarden。


で、今回の妖精採集は、

「どれだけ想像させることが出来るか。」

これはGimmelGardenでも考えていたことだし、
 この妖精採集でも気分が高揚するように作るつもりですが。。
メインに持ってくるのが、「想像」

フタを開けておけば、
いつの間にか妖精が住み着くのではないか。

…と、本気で思わせる作品にしたいと思ってます。
ですので、大きさが1/100の人間が見ても、(そんな人間居ないけど)
良く出来た家具と思わせるものを目標にしています。


で、これで金ためて、
イギリス行って妖精捕まえてきます。
瓶の中に。

posted by らっこ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金

2010年04月05日

ぱっつんぱっつん

sofaa_7.jpgsofaa_6.jpgsofaa_5.jpg
さて、、、
エイプリルフールのネタが終わってから、
日記書いていなかった!!

ええと、
4月の末頃にある相模大野のイベントと、
 代官山の空中庭園に、新ブランドの家具アクセサリを間に合わすため
かなり切羽詰って原型製作してました。

とりあえず、
椅子x4種 テーブル系x4種は完成して、
無事にキャスト屋さんに発送しました。
ゴム型が10個以上になってしまったので、
キャスト屋さんに間に合うようお願いするメールもこれから書く!
まぁこれで一時休戦状態。
フーやれやれだぜ。

あ、大体の構想が決まったので、
その辺は明日あたりに発表します。


で、写真の話。
ソファーの続き。

下に敷くクッションは、ちょっと固めの革張りで、
中央がうっすら膨らんでいる感じで。
座ったときの沈み込みは、ある程度に留めるくらい。
あまり沈みすぎると疲れるから。

背中のクッションは、ぱっつんぱっつんに張った状態。
立ち上がるときは、
後ろに体重かけたときの反発を利用する感じ。
ソファーって立ち上がるのがちょっと大変なので。
posted by らっこ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 彫金